共同研究

2020年度募集要項

 本プロジェクトは、豊橋技術科学大学(以下「本学」)の教員が、高等専門学校(以下「高専」)の教員と共同で新しい教育・研究の開拓を行うとともに、高専と本学との連携を深めることを目的としたプロジェクトに対して必要な経費を配分するものです。
 本学教員が高専教員などと共同研究を実施するのみならず、高専教員ならびに高専学生に本学を身近に感じてもらい、高専教員と本学教員が連携して高専学生を育成することを目的とします。併せて、プロジェクトの実施に際し、高専教員あるいは高専学生が本学の教育・研究設備を活用することにより、教育・研究面での成果を効率的に挙げるとともに、本学との教育・研究面における連携を強化することを目的とします。これらの目的達成のためのプロジェクトに対して必要な経費を配分します。

    1. 募集要項(印刷用PDF形式
    2. 計画調書(様式Excel形式

応募対象者

高専教員

研究期間

本事業の契約締結の日から 2021年331日 まで

募集プロジェクト種目

(ア)スタートアップ支援
(イ)研究推進プロジェクト(ステージ1)
(ウ)企業連携研究推進プロジェクト(ステージ2)

各種目の内容

(ア)スタートアップ支援

    1. 対象
      過去に本プロジェクトでの採択実績がなく本プロジェクトの趣旨に賛同いただける高専教員と本学教員からなる研究グループ。
    2. 助成金額
      20万円以内/
    3. 応募・審査区分
      次の6区分から最も近いものを選択してください。
      1. 機械
      2. 電気・電子
      3. 情報
      4. 化学・生命科学
      5. 建築
      6. 教育・教材開発
    4. 奨励事項

      次年度以降、研究推進プロジェクト、企業連携研究推進プロジェクトへステップアップ可能なプロジェクトが奨励され、高専学生(本科生、専攻科生)の参画が期待されます。

(イ) 研究推進プロジェクト(ステージ1)

    1. 対象

      高専の教員(単独またはグループ)、高専学生(本科生、専攻科生)、および本学教員の3者からなる共同研究グループ。
      応募・審査区分F)については、高専学生のかわりに本学学生(学部生、大学院生)の参画でも構いません。

    2. 助成金額
      50万円以内/

    3. 応募・審査区分
      次の6区分から最も近いものを選択してください。

      1. 機械
      2. 電気・電子
      3. 情報
      4. 化学・生命科学
      5. 建築
      6. 教育・教材開発
    4. 学生による成果発表
      原則として、本学において開催する「先進的技術に関するシンポジウム(SAT in Toyohashi)」において、参画高専学生による成果発表を行う必要があります。

    5. 奨励事項
      参画する高専学生を、高専教員と本学教員が連携して指導するプロジェクトを奨励する。

(ウ)企業連携研究推進プロジェクト(ステージ2)

    1. 対象

      高専の教員(単独またはグループ)、高専学生(本科生、専攻科生)、本学教員、および企業の4者からなる共同研究グループ。
      プロジェクト採択時に、高専、本学、企業間で守秘義務契約または共同研究契約を結んでいる(または契約締結の手続き中である)必要があります。
      応募・審査区分F)については、高専学生のかわりに本学学生(学部生、大学院生)の参画でも構いません。

    2. 助成金額
      100万円以内/件
    3. 応募・審査区分
      次の6区分から最も近いものを選択してください。
      1. 機械
      2. 電気・電子
      3. 情報
      4. 化学・生命科学
      5. 建築
      6. 教育・教材開発
    4. 学生による成果発表

      原則として、本学において開催する「先進的技術に関するシンポジウム(SAT in Toyohashi)」において、参画高専学生による成果発表を行う必要があります。

共同研究実施体制

 共同研究実施体制として、高専教員を代表者とする共同研究実施体制を構築する必要があります。種目(イ)、(ウ)については、応募・審査区分F)を除き、代表者が所属する高専の本科5年生または、専攻科生1名以上が参画し、高専と本学協働による学生指導体制として機能する必要があります。種目(ア)についても、同様の学生指導体制として機能することが期待されます。

その他応募要件

    1. 高専教員1名あたり1件のみ応募可能です(共同研究者になることは可能です)。複数件の応募は、認められません。
    2. 本学教員の共同研究者としての参画は、最大3件までを上限とします。4件以上への参画は、認められません。本学教員の参画件数は、高専教員が事前に確認してください。
    3. 種目(イ)、(ウ)については、原則として、「先進的技術に関するシンポジウム(SAT in Toyohashi)」における参画高専学生による発表内容について、本学共同研究者から講評を受ける必要があります。
    4. 種目(イ)、(ウ)については、参画する高専学生のうち少なくとも1名が、研究打合せなど本プロジェクトを目的とした本学への出張を1回以上行う必要があります。

支出できる範囲

    1. 旅費
      • プロジェクト参画学生(高専学生)への旅費支給も可能です。
    2. 消耗品費
      • 消耗品などの購入は、本プロジェクトに使用するものに限ります。(ここでいう「消耗品」とは、単価10万円未満の物品すべて、および単価10万円以上の物品のうちおよそ1年以内に消耗する物品のことをいいます)。
    3. その他
      • 報告書印刷費は、本プロジェクトによるサポートを受けた旨を明記したものに限り別刷代・投稿料も可能です。
    4. 支出できないもの
      • 設備備品。(ここでいう「設備備品」は、単価10万円以上であり、およそ1年以上の耐久性のある物品のことをいいます)。
      • 人件費、学生などへの謝金。

1. 応募方法

高専教員が「高専連携教育研究プロジェクト計画調書」を作成し、研究内容などを本学教員と連絡・調整した上で、高専教員が本学担当事務へ送付してください。

応募書類:高専連携教育研究プロジェクト計画調書 
     
計画書の枠や文字サイズの変更は認められません。

応募締切:2020年5月7日(木)17:00

提出先:豊橋技術科学大学教務課教育連携係 office@kousen.tut.ac.jp
    
E-mailにてエクセルファイルを提出してください。
    計画書を受領後、整理番号を通知します。送信後、2営業日(土日祝を除く)までに
    通知がない場合は問い合わせてください。

選考方法

高専連携推進センターが、高専連携教育研究プロジェクト計画書に基づいて、類似のテーマなどについてはグループ研究として1つの課題とし、研究内容を検討・全体調整を行った上で、学長が採否を決定します。

選考にあたっては、奨励事項の実現可能性などを考慮する場合があります。

成果報告

    1. 種目(イ)、(ウ)については、原則として、研究プロジェクト期間中に開催する「先進的技術に関するシンポジウム(SAT in Toyohashi)」において、各研究課題毎に参画高専学生が代表として、進捗状況の報告発表をする必要があります。
      • 開催予定日 : 2021年3月9日(火)
      • 発表者連絡切: 2021年2月4日(木)
      • 発表概要締切: 2021年2月18日(木)
        • 1プロジェクトで複数の発表はできません。発表者の調整は、申請者(高専教員)が行ってください。
        • 参画高専学生以外の発表はできません。
        詳細については、開催日の2ヵ月程度前を目処に別途通知します。
    2. プロジェクト実施期間終了後(5月末日まで)に、研究成果報告書を提出する必要があります。
    3. 高専に配分される経費については、指定様式による会計報告を行う必要があります。
    4. 支出した経費が、本プロジェクト申請内訳と著しく異なる場合には、会計報告とともに理由書(様式自由)を提出する必要があります。
    5. 本プロジェクトの成果を発表する場合には、「豊橋技術科学大学 高専連携教育研究プロジェクト」の支援を受けて行った研究の成果であることを表示する必要があります。
    6. 学会での研究発表など対外的な公表を奨励します。
    7. プロジェクト終了後、外部資金への応募を奨励します。

その他

    1. 予算は、各高専(申請者所属の高専)へ全額配分します。(複数の高専へ分割して配分はできません。)
    2. 採択されたプロジェクトをやむを得ず中止する場合は、原則、その年度の経費全額を返金してください。
    3. 応募書類に不明な点があった場合には、申請者(高専教員)へE-mailにて問い合わせします。
    4. 本プロジェクトに関する情報は、高専連携推進センターホームページに掲載します。
      掲載された情報はすべて周知されたものとして取り扱います。
    5. 本学教員との共同研究者は、本学の研究機器や計算資源を利用することができます。
      1. 研究機器共同利用()
      2. TUT-高専共用HPCクラスタサービス

参考

高専連携推進センター研究マッチング支援事業

本学高専連携推進センターでは、本学教員との共同研究体制の構築を希望される方に対し、研究マッチング支援事業を行っています。詳しくは、以下のURLをご参照ください。

 https://www.kousen.tut.ac.jp/research/matching